フレーズ単位で覚えると英語の問題が簡単に解けてしまう

こんにちは
神戸市西区 スマイル英語教室 Hidemi です♪

中学生にもなると、学校や塾の宿題(問題集)をたくさん抱えていることがあります。私の教室に来てレッスン中にやりたい、と言う時もあります。

画像の説明

そういう勉強は家や自習室で出来ることなので、そこで終わらせて欲しいし、ここでは塾や学校でできない事をやって欲しい。

つまりたくさん英文を声に出したり、問題を解くだけでは身に付かない英語の語感やリズムを感じて欲しいと本当は思っています。

とはいっても切羽つまっているので、そうも言ってられないので、やってもいいことにしています。

一人ではこつこつ集中出来ないこともあるし、時間ばかりかかって、結局仕上がらなくて答えを写したりするよりはましですから。

でも、ここでやるからといって、分からない問題に私は正解をすぐに教えることはしません。ヒントは出しますけど。答えを教えるのは簡単ですが、自分で考えてもらいます。

どんな時も主語・動詞を揃えること!と言い続けます。日本語の語感からなかなか抜け出せない生徒はここでまず苦労します(・.・;)

問題集をやっているのを見ると、今までBBカードでたくさん遊んできたか、そうでないかが良く分かります。

BBカードでしっかり遊んで生徒は主語・動詞の配置感覚だけでなく、フレーズを『決まり文句」として塊で覚えているので迷うことが少ないのです。

例えば、at school や in the morningは前置詞は [at] だったか、[in] だったかなど。

ではthis afternoonの時には前置詞は?特に深く考えることなく、比較的簡単にす~っと口に出てくるらしく、楽に正解を書きます。

そもそも問題集やテストではこういうことをいかに正確に覚えているかが問われるのですよね。

しっかりBBカードで遊んでいれば、決まったフレーズをわざわざ覚えるというより何十回、何百回と唱えているので、中学生で学習した時に、必ずスルスル~っと口から出てくるようになります。

逆に言うと、スラスラ出てこない場合はBBカードで遊び足りない、ということです。

ということは、BBカードやTAGAKIなどをしっかりやっている方が後の苦労が減る、、ということですね。『決まり文句』として声に出したり書いたりして染みついているからです。

ゲームの時にぶつぶつ唱える何気ないおまじないも、中学で文法を系統だてて習った時に、このことだったのか!と気が付いてくれて、役に立ったと言ってくれます♪

ただ遊んでいるだけではなかったのです(笑)

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室





a:326 t:1 y:0