小学生クラスはBBカード、ジョリーフォニックス、チャンツなどで英語らしいリズムと発音の土台を作ります。

受験英語やテストで良い点数をとるためではなく、長い目で見て英語が得意!英語が使える!を目指します。

英語を始めたばかりの子どもたちにとって大切なことは英単語を沢山覚えることでもなく、英語の構文をスラスラ言えることでありません。

日本語と全く違う言葉のリズムや語感に慣れることが先決。だからBBカードやチャンツなどでたくさん声に出して遊びます

日本語の感覚を自然に身に付けたように、レッスンでは遊びの中で英語の感覚に慣れていきます。それ同時に無理なく英単語を読めて、音読や文法理解がスムーズにできるようになります。

小学生のうちに英検取得を目指す場合は、お家でも英語に触れる機会を増やしていただくことも必要です。

私は小学生の英検受験はお勧めしていませんが、無理な英検学習をして欲しくないということであり、受験自体を反対はしません。

自然に楽しく英検レベルの実力が付くような英語学習をお勧めしています。


小学生使用教材

[BBカード]

BBカードで楽しく遊びながら何度も英語を聞いて声に出して英語のリズムや語感という英語の土台を築きます

ひたすら英語のセンテンスを丸ごと口に出していますが、遊びながらなので子ども達は全く苦になりません。

完璧に言う必要もありませんから。聞こえるようにリピートすればそれでよし。体に染み込むまで遊びます。すぐに言えるようになってしまいます。

年齢が上がれば上がるほど、センテンスを丸ごとマネすることが難しくなったり、躊躇してしまいます。インプットは早ければ早いほど楽なので低学年のうちにスタートがお勧め。

すらすら言えるようになったら、主語や目的語などの単語を入れ替えたり、時制や構文を変えたりしながら、やっぱり遊びます。

英語は言葉です。理屈をいくら覚えても使わなければ忘れます。従来のような文法(ルール)が先ではなく発話(実践)が先。

赤ちゃんが言葉を覚えるように言える言葉を増やしていきます。体に染み込んた言葉は、文法を習ったときにストンと頭で整理され、その後の勉強が楽になります。

逆に遊び足りない場合は、後で苦労します。低学年までにBBカードのオリジナルセンテンスで充分遊んでおくことが大切です。


[ジョリーフォニックス]

英語には日本語にない音がたくさんあります。英語の音と文字を結び付けるフォニックスを習います。

ジョリーフォニックスではまず、42音をしっかり定着させることから。全ての音にお話とジェスチャーがあるので、印象に残りやすく、楽しく覚えることができます。

[ポンシリーズ]

2021年度に中学校の英語教科書が改訂され、単語や文法が難しく感じます。小学校である程度の基礎ができている前提になっています。

そこで、単語や音読を楽しみながらトレーニングできる教材を採用することにしました。英語らしいリズムは崩さず、英語が読める!ようになります。

[その他]

ジャズチャンツ、ライティング、季節に絡めたものなど、使用する教材や題材は子供たちに合わせて選びます。経験と数ある教材から臨機応変に対応しています。

一時間はあっという間に終わってしまいます(^^)

小学生クラス 詳細

【対 面】
定 員 1クラス4名(最大6名まで)
時 間 60分/1レッスン 43回(予定)/年
料 金 月謝6,000円(税込)
入会金 5,000円(税込) ※兄弟割引あり
教材費 初年度10,000~15,000円(お子様により異なります)
    次年度以降3,000~5,000円を目安にしてください。
※メイン教材のBBカードは長く使えるので、教材費の負担が少ないのが特徴です。

【オンライン】
教材、内容が教室レッスンと異なります。
お問い合わせください

詳しい使用教材についての案内はこちら
スマイル英語教室 教材

スマイル英語教室



a:3164 t:2 y:1