教室では、メイン教材にBBカード、フォニックス教材としてジョリーフォニックスを使用しています。

BBカード

BBカードで英語の土台である語感とリズムを身に付けます。

また、4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)を切り離すことなく、遊びを通して全てを身に付けられる教材です。

英語教育において英語4技能が重視される動きが強まっていますが、がちがちのお勉強でなく「遊びながら」というのが大きな特徴。

BBカードは絵カードとそれに対応するセンテンスカード各64枚、計128枚で構成され、中学卒業レベルに必要な厳選された単語やフレーズを含んでいます。

各カードは思わず口ずさみたくなるリズミカルなセンテンス。子供達はゲームをしながら 繰り返しセンテンスを声に出し、自然に英語の音とリズムを身につけます。これは英語学習の土台となります。

繰り返し遊んでいるうちにセンテンスを丸ごと覚えた後は、オリジナルセンテンスの主語や目的語を入れ替えたり、時制を変えたり、疑問文、否定文に変えたりしながらさらにゲーム。

ゲームに集中している子供たちは文法を学習しているという意識がなく、遊びながら英語を運用する力をつけ、自分の言いたいことを英語で表現できるようになります。自分でわかる、だから楽しい!

ゲームを通して語学学習に必要な反復練習を飽きることなくでき、この反復練習により英語脳が育ち、覚えたセンテンスをたよりに、習っていない事柄でも自分で類推・推測する力がつきます。

自ら必要な構文を選んで文を構成できるようになるのです。

一方的に教えてもらって、ただそれを覚えるのではなく、「自分でわかる楽しさ」を体験。それが自発的に英語を学習したいという意欲にもつながると思っています。

自分の意見を発信しライティングにもつながるBBカードとはいえ、正直時間はかかります。

土台を固めずに会話練習をやっても、一時的に覚えて言えるようにはなりますが使えるようにまではなりません。英語学習者として、教育者として感じてきたことです。

急がば回れ。根気よく声に出して体に染み込むまで遊びましょう。この染み込むことが英語学習にはとても大切なのです。

逆に土台をしっかり固めれば、そういえば英語の文法理解に困っていない!英語が読める!英作ができる!ことを実感できると思います。

BBカードだけで英文法の学習もでき、中学生になっても使用します。以前フランチャイズの教室の時は教材費が毎年2万円近くかかっていたことを思えば、かなりお財布に優しい教材です。

BBカードの詳細はセルム児童英語研究会HP
  http://www.selm-j.com/

何故BBカード?私がBBカードに惚れた理由
  英語学習が楽習になるお勧め教材BBカードに出会って

ジョリーフォニックス

ジョリーフォニックスはイギリスで考案され、世界100か国以上の学校で採用されているシンセティックフォニックスという新しい学習法です。

英語圏でない日本では、シンセティック・フォニックスこそが向いていると言われており、こちらを採用する先生が増えてきています。

・日本で教えられている従来のフォニックス:
 暗記した単語の綴りと発音の中から『音』を学びます。
 たくさん単語とその意味をあらかじめ知っておく必要があります。

・シンセティック・フォニックス:
 『音』から学ぶから、単語の綴りは暗記しなくていい。
 意味がまだ分からなくても、文字を見て音を理解し、結果的に単語が読めてしまいます。

シンセティック・フォニックスの一つであるジョリーフォニックス教材は、暗記が苦手な子供でも、目で見て、耳で聞き、指で触って、体を動かし、歌を歌って、頭で想像しながら文字の読み書きが無理なく楽しく身についていきます。

つまり多感覚で学べる子供の視点に立ったフォニックスの学習教材で、学習障害のお子様にも学びやすいと言われています。

まずは基本の42音から学んでいきます。ひとつひとつの音にお話とジェスチャーがあるので印象が残りやすく、また毎回復習しながら進めるので、42音終わる頃には簡単な単語は読めるようになります。

ポンシリーズ

おうち学習に取り入れやすいポンシリーズ。

小学校のうちにある程度基礎ができていることが前提になっています。

2021年度に改訂された中学校の英語教科書では単語も文法もボリュームが多くなりました。小学校英語でもたくさんの単語を覚えたり、簡単な英文を読めることが必要になりました。

英語教室の週1回という限られた時間に英語を楽しむだけでは、学校英語についていけず英語嫌いになってしまうケースも増えているように思えます。

家庭学習でも英語に触れる機会を増やすことが必要なんですね。だからといって意味もなく単語を書き移したり、問題集をたくさんこなすのは違うと私は思っています。

英語らしいリズムはそのままで、英単語、英文が読めるようになる教材を追加しました。BBカードやフォニックスで足りない部分を補うために使用します。

その他の使用教材

ORT(オックスフォードリーディングツリー)やCTPなど絵本、ジャズチャンツ、ワークブック、プリント教材、会話テキスト、中学生用教材、高校生用教材など、生徒さんの進度、適正に合わせて使用します。

オンラインの場合はオンライン向けの教材を用意しています。


スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室


a:1897 t:2 y:0