中学生英語レッスン

小学生のうちに積極的に声を出ししっかり英語で遊んだ子どもは土台ができています。中学校で文法理解に困ることはほとんどありません。

中学生クラスは遊んで自然に身に付いた文法のフォローをしながら、徐々にアウトプットできる場面を作ります。

限られた時間ですので、レッスンではできるだけ文字を見ずに英文を声に出し、即座に言い換えをしたり、会話や意見を言うアウトプットの練習をします。この練習が明らかに足りない学生が多いです。

英語長文(といっても短いものから)は訳読法ではなく、英語で質問をしながら理解する癖をつけ、英文に慣れていきます。

文法問題を黙ってひたすら解くような作業だけでは、表面的な英語力が着くかもしれませんが、使えるようにはなりません。にもかかわらず、黙ってする勉強に偏りがちではないでしょうか。

英語を使えるようになるには、バランスと量。

単語・フレーズを覚えたり文法問題を機械的に解く、という作業はお家や塾でも出来ることなので、そちらでコツコツやってください。

一人では難しい練習をここでやって欲しいと思います。とにかく声を出すこと。英語は一夜漬けでは伸びませんが、それが早道です。

単語の発音そのものができず、英語を話すレベルに達しない場合や、文法の基礎力をつけることが必要な場合はそのフォローもします。ただし、やるのは生徒さん本人です。

教室に来たときだけ英語に触れても一週間のうちほんの1時間半。いつまでも受身の姿勢では絶対に伸びません。学校の授業に集中すること。自宅学習も必要です。

中学生英語レッスンの教材と内容

生徒のレベルや様子を見ながら臨機応変に組み立てていきますが、基本的に声を出すこと中心です。

教材の一例です。生徒さんにより使用教材は異なります。
・BBカード
・BBグラマーカード
・BBワークブック
・リーディング教材(True Storiesシリーズ)
・Tagaki
その他

tagaki

英語リーディング教材

中学生でもBBカードを使って英文をたくさん口に出します。学校や塾では以前より増えたと言ってもそれほど多くの英文を口にする機会がないようです。

文法解説の説明を聞いて、ただ習った構文問題を解いただけではテストでは点数が取れるかもしれませんが、英語を使うことは無理です。まずは声に出す機会を増やします。

BBカードのオリジナルセンテンスを元に、学校でならう構文に変えて言う練習をたくさんします。

リーディング教材は訳して終わり、ではなく、英語のまま理解できるようになりましょう。

中学校テキストのフォロー

2021年度からテキストが新しくなりました。
小学校で英語が必修になった後の改訂なので、中学校での学習内容が増えています。

内容は覚えて書けるくらいになるまで取り組むこと。これは基本です。中学校で習う文法は土台になりますが、ここをおろそかにしていると前に進みにくくなります。

学校で理解できなかったところのフォローや、テキストの音読など、必要なことを見ながらレッスンに取り入れる場合があります。

単語は最低限、自分で覚えましょう。

New Crown

英検を受験するなら

英検は1次の筆記試験をパスするには問題集などを苦労してでも自分でやりきる努力が必要。お家でもできますね。

家でやる気が出ないけど教室でならやれそう!と思えばレッスン時間を活用してください。ただし、しっかり取り組んでください。

2次の面接試験に向けては私が面接官になって模擬練習ができます。面接の流れに慣れておくのとそうでないのでは、緊張度・安心度が違います。

教室生徒さんは受験前に練習をすることで今まで皆さん苦しまずにパスしています。レッスン内に練習する場合は無料です。


a:337 t:1 y:0