ジョリーフォニックスとBBカードが結びつく

こんにちは
神戸市西区 スマイル英語教室 Hidemi です♪

先週小学生低学年クラスでのこと。ジョリーフォニックスを新たに始めた小学生クラスではまずは毎回1音ずつ習います(進み具合でそうでない時もあります)。
 
ある生徒が次に習うページを覗いていて
「これ知ってる!」と言いました。

そう、次に習う音は ai
ai 習ったから読める!と思ったのでしょうね。

この二文字、離れて別々にいる時の音は習ったけど、隣同士並んでいる時は違う音になるんだよと伝えました。

「なんて言うの?」と聞くので、ここはBB方式。ふふふ、すぐには教えない~。次の楽しみに(^^)

生徒は「え~っ」と納得しないまま。さぁ、BBカードが始まりました。今日はクローバー♣️をやることに。

いつものように並べてビンゴをスタート。ところがデイジーちゃんのカードを読んだ見つけた途端に

BBカードとジョリーフォニックス

「あー!これ!わかった!」

デイジーちゃんのカードの右上には ai と書かれているのを発見!さらに、カード下のフレーズ in the rainと言う文字の中に ai を発見!(まだフレーズや単語が読めるわけではなく、 aiという文字を認識しているだけです。)

自分でカードのセンテンスを発話するのは完璧ではなかったので私に「先生読んで!」と。

"Daisy was waiting for the train in the rain.”
「同じ音が何回も聞こえた?」

「train!」

本当は ai だけだけど、ちゃんと ai [エイ]という音が聞こえたようです。

自分で発見したことってとっても印象強く心に残ります。
この ai ですが、覚えにくい子が多く、何の疑問も持たずに進んだ子は[エイ]ではなく[アイ]と読んでしまうんです。

次回ジョリーフォニックスで ai の音をするのが楽しみになりました♪

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室


Tag: BBカード ジョリーフォニックス 小学生クラス



a:58 t:1 y:0