本当の英会話力とは 一問一答だけでは不足

日本人は海外に行くと自分を主張できない、と聞いたことがありませんか。

日本の中にいると、意見を聞かれたり、主張する機会がまだまだ少ないですね。

だから慣れていません。考えていないので咄嗟に意見を求められても上手く伝えられない。

意見があったとしても、こんなこと言ったらどう思われるだろう、と結局飲み込んでしまう。

『それはあなたの意見として受け取ります。私の意見はこうです。』と伝えるのが下手なのです。私も含めて。

そして海外留学した時に日本人が一番にぶち当たる壁です。

本当の英会話力とは

"How are you?" "I'm great."

"Where are you from?" "I'm from Japan."

"What's your favorite color?" "I like blue."

お子さんがこの会話練習をスラスラできるのを見たら、お家の方は喜ぶかもしれません。

このように「英語の質問を聞いて英語で答える」一問一答の練習が悪い訳ではありません。

この状況が実際に訪れることもあるでしょう。う~ん。でもいつでしょうか。

もちろんちゃんと答えられて、相手にも質問できると、会話できた気分になるし、英語に対するモチベーションアップに繋がります。

でも残念ながらこれだけで英会話ができるとは言えません。

海外留学の経験がある方や、ネイティブの英会話を学んだ方は実体験があるかもしれませんが、

一問一答のコミュニケーションでは終わることはまずありません。

必ずあなたの意見を聞かれます

What's your favorite animal? と聞かれて
 
I like cats. と答えても

必ず、「なぜ?」とか「どういうところが好き?」と聞かれます。

むしろ聞かれる前にI like cats, because・・・と、その理由やcatsに関する情報を添えるのが普通の会話なのです。

私がコースブックを使うフランチャイズの教室をやめた理由の一つでもあります。

いくら一問一答が出来るようになっても、すぐに実践の場がなければ忘れてしまう。想像や思考を広げることが先だと気づいたからです。

私はなるべく、生徒の答えに「なぜ?」と聞くようにしています。

また、教材に出てくる絵や写真、ストーリーの展開を考えたり、意見を尋ねることもよくあります。

頭の中を動かして考える癖をつける

いろいろな質問をします。そしてどんな答えも受け入れます。日本語で大丈夫。意見を持つことが第一歩だから。

これはお家でもできることです。普段の会話の中で「何故そう思う?」と尋ねてみてください。

お子さまの発信に興味を持って耳を傾け、お子様が言ったことを理解しようとしながら聞いて欲しいです。

ママは普段忙しくてそれどころではないかもしれませんが、この親子間のコミュニケーションは後になって大きなリターンになると思いますよ。


スマイル英語教室(神戸市西区糀台)

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室



a:30 t:1 y:0