言葉の感性を育てる☆日本の自然に触れる

【子育ての先輩からママへ】
自分が育ってきた過程と、我が子の子育てや子どもに関わる仕事を通して感じて学んだことを書いています。
英語教室の生徒との関わりの基本にもなっています。

子育て

自然の中にいるだけで元気になる、そんなことありませんか。

✔ 自然は子どもを育てるのに良い。
✔ 自然環境の中で豊かな感性や五感が育つ。

パパもママもそんなこと分かっているし、都会では自然に触れることが難しいので、お休みの日に自然の中に足をのばすこともよくあると思います。

特に子供が小さいうちはそういう機会をたくさん持つかもしれません。
保育園や幼稚園で自然体験をさせてくれるところもありますね。

でも子供がだんだん大きくなると、学業の方ばかりに目がいきがち。塾や習いごとが増え、子どもたちは忙しくて家族で出かけるのも難しくなってきます。

お勉強熱心な都会にいると、周りに影響されてしまうことも多いです

塾に行っていい成績を上げて、少しでもレベルの高い学校に行って欲しい。そちらばかり意識がいっちゃうことないでしょうか。

他の子と比較して我が子が劣等感を持ってしまっては不憫、、、。その気持ち分かります。

それでも私は、子どもたちがもっともっと自然に触れて欲しいと思っています。

狭い地域の中や、机の上でのお勉強はとても閉鎖的。お勉強だけでなく、人間関係も窮屈になりがち。

人工的な環境は安全で快適なもしれないけど、せっかく四季のある豊かな自然を持つ日本。もっと利用して欲しい。

私は都会育ちなので、子どもの頃は便利な生活が普通だし、自然にはなんの興味もありませんでした。都会で住む方がいいとさえ思っていました。

でも両親が田舎の出身で、草木や動物の話をよくしてくれたし、自然の中にもよく連れていってもらいました。父が人混みが嫌いだったこともありますが。

その時には気づかなかったけど、いろいろ心に感じていたんだと今は思います。我が子の子育てにも影響があったのか、緑の多い環境のいいところを無意識に選んでいました。

感性はゆっくり育まれるものだし、すぐに目に見える形で現れることはありません。だからこそ、自然の豊かさに普段から触れる機会を積極的に持つのがいい。

空を見上げるだけでもいい、遠くの海や山をぼっ~と見るのもいい。きっと心が癒され、ちょっとしたことに幸せを感じられるようになります。

お天気のいい日は空は青いです。でも街に行くと空は青くない、灰色だと気づいたことがありました。緑の木々もほとんど見えない。

住んでいた時は気づかなかっけど、自然がたくさんあるところがホッとします。

スマイル英語教室

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室




Tag: 子育て



a:37 t:1 y:0