日本語も英語も音読が大切♪国語ですから

こんにちは
神戸市西区 スマイル英語教室 Hidemi です♪

レッスンでは大半はBBカードで遊んでいるのですが、BBカードで英語は楽しい!を実感し、英語のリズムや語感が育ってきたら、

英語を読む段階にも進みます。英語が読める実感も味わって欲しいですしね。

BBカード

BBカードと並行して、レッスンではジョリーフォニックスを学び、文字と音との関係に触れてきました。

BBカードで遊びながらも、音を確認するために声掛けしていますが、音と文字が繋がっていくのが分かります。

だんだん、単語が正しく読めるようになり、センテンスも読めるようになっています。自然な流れですね。もちろん個人差はあります。

教室にある絵本も同じ。単語だけが書いてある絵本。次は短い文の絵本。だんだん長文へと進んでいけるようになっています。(←だから皆んな読んで欲しい(*'▽')

英語圏の子供たちも本を読む前、いえ、実はフォニックス(phonics)の段階に入る前に

フォミック・アウェアネス(phonemic awareness)という教育法で一つ一つの音の操作練習をして聴覚を鍛えます。

お堅い話になるので、このことについてはまた機会があれば書きますね。(ジョリーフォニックスにはこの練習も含まれています)

さて、日本の子供たちが学校の国語で音読をしますよね。宿題にも出されます。主に低学年の時に。

どこの国の子供も、その国の言葉を自然に使えるようになるには、毎日音読するのがとてもよいと言われています。

音読は大切なんです!

私もそう思うので、CD付き絵本を宿題にしたこともあります。でもハードルが高いのか、家では読んで来てくれないことが多いのです(^^;)

英語の場合は保護者の手を煩わせることになるかもしれません。CD準備も必要ですし。

そこで、いつもの馴染みのあるBBカードのセンテンス音読を宿題にすることにしました。

音読で効果的なやり方と言われているのは、
 ☆毎日の習慣化する
 ☆同じ教材を繰り返した方がよい
 ☆寝る前、起きてからすぐが効果的
 ☆大きな声で読む

これを考えると、BBセンテンスの音読が生徒にも一番ストレスが少ない方法かなぁと思ったわけです。あの手この手考えてます( ;∀;)

ただし、BBのセンテンスはほとんどスラスラ言える筈。単語同士のが繋がるリンキングもできています。

なので、注意を一つ添えました。

一語一語単語を読むのではなく、リズムを崩さずに読むこと!

逆に言うと、まだスラスラ言えないのにセンテンスを読んではいけませんここ大事!

一音をはっきり読む日本語とは違います。日本語はセンテンスに抑揚が少なくどちらかと言えばフラットな読み方。

反対に英語は単語と単語が繋がり、単語にもセンテンスにも抑揚や強弱があります。

これを崩してしまうと、英語のリスニング力が付きませんから。

音読!是非やってください♪

私も音読は毎日してるんですよ、BBカードではないですけど(^^)

BBカードって何?

BBカードは絵カードとそれに対応するセンテンスカード各64枚、計128枚で構成され、中学卒業レベルの単語やフレーズを含んでいます。

ゲームをしながらリズミカルなセンテンスを声に出し、自然に英語の音とリズムを身につけ、英語学習の土台を築きます。

BBカードの詳細はセルム児童英語研究会HP
  http://www.selm-j.com/

何故BBカード?私がBBカードに惚れた理由
  英語学習が楽習になるお勧め教材BBカードに出会って

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室




Tag: BBカード 小学生クラス 音読



a:19 t:2 y:0