実は中学英語文法の種まきををしているBBカード

こんにちは
神戸市西区 スマイル英語教室 Hidemi です♪

前回は英語が使えるようになるためには、文法よりも単語を覚えるよりも、まず

ひたすら英文を口に出して英語のリズムや語感を身に付けること!

が大切であって、私の教室ではそのためにBBカードでの指導をお伝えしました。

今回は遊んでいるようでも(実際遊びなのですが、、)、英語の文法の種まきをしているお話です。

BBカードはカード教材です。基本はそのカードを並べてビンゴゲームをします。カード16枚を並べてからはゲーム開始となります。

でも、カードを並べる時でさえ、英語を口にすることになっています。おまじないです。

BBカードおまじない

実はおまじないという名の英語文法種まきです。どんなものがあるか例をあげると、

  代名詞の活用(I, my, me, mineだったり)
  動詞の活用(see, saw, see, seeingとか)
  比較級最上級の活用(big, bigger, the biggestなど)
  be 動詞や一般動詞を使った短文(肯定, 否定,疑問も含めて)
  助動詞なんかも !(^^)!
 あ、曜日や月の名前もやりますね~。

つまり何でもいいのです。とにかく、いつか覚えないといけないものを口に出しておくのです。

文法説明は一切しません。←ここ大切!

でも、これって後々かなり感謝されます(笑) 習う頃にはスラスラ口から出ているので、これだったのか~っ!て気づく。

ただし、言えてもスペル間違えたら試験の点数には結びつきません。ここは自分で努力必要です。

それでも、遊びながら自然に言えるようになっていたら、英語難しい~(>_<) 英語面倒くさい~(:_;) が減りますね。

負担が減ると自信になったり、英語に対する気持ちがだいぶ違うと思うのです。

三単現の s もこの段階で刷り込んでおきます。文法を習ったときは、最初は間違いますが、あれっ?おかしい!?というのが気づくやすくなります。

ワークブックとは違って、遊べば遊ぶほどおまじないを唱えることができる。凄いですよね♪

これは別にBBカードでなくても、他のアクティビティでも使えます。いかに子供たちを飽きさせずに楽しみながら英語学習の種まきをするか!

先生はいろいろ作戦を考えているのです。あ、おまじないを唱えるときはテンポよく。これも大切なことです(^^♪

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室




Tag: BBカード



a:70 t:1 y:0