BBカード先生のスキルアップのためにCore Courseを受講

こんにちは
神戸市西区 スマイル英語教室 Hidemi です♪

BBカード指導者としてスキルアップのためのCore Courseを2日間にわたって受講してきました。BBカードはただ英文を声に出すための遊び道具ではありません。遊びを通して文法を絡めた言い換えができます。学校で英語を学習する方法とは全く違います。

BBカード コアコース

重箱の隅をつつかれるようなテストでのケアレスミスを防ぐための勉強でも、その場しのぎで単語や構文を覚える練習でもありません。学校の授業ではとにかく英文を声に出す絶対量が足りません。

BBカードはとにかく英語のセンテンスを声に出す。これは言葉を話せるようになるには絶対大事。覚えただけでは使えませんから。そして文法導入した言い換えをしても、英語のリズムや語感を崩さない。

様々な英語のセンテンスを色々な方向から声に出して体得していく。それが将来のコミュニケーションにつながります。はい、それを再確認してきました。よい学びでした♪

今までもレッスンでは文法を体系的に習う中高生以上にBBカードを使って何度も言い換えをしていましたが、小学生低学年からでも大丈夫、だったことにも驚き。むしろ何も考えずに真似ができる時こそチャンス。

純粋な時にいろいろな英文を聞かせて、真似させること。不定詞も関係代名詞も現在完了も、日常的に使われているセンテンスだから聞かせておく。それが中学生になった時に頭の中で整理される。あ~そうでした。

いつの間にか自分流になり、まだこの構文は早い、とか、教え込んでいたことに気づかされました。子供が自分で気づいた時に大きく伸びる!それまでにやらなければならないこと、、、ひたすら遊ぶ。まだまだでした。ついつい教えてしまう、、。

それと同時に、私がBBカードを選んだのは間違いではなかった!ということも再確認。中学生になっても大丈夫。話せるようになりたいのならBBカードは最強です。

小学生からBBをやって来た子どもは中学生に入って一時期混乱するようです。学校で教えられる方法と違うので。でも、中学2年生後半からもつれた糸がするするっとほどけていくように、理解ができるようになる。納得です。

そこを信じて耐えるのも、辛いですが、最終的に何を目標にするかですね。何年も英語を勉強しているのにコミュニケーションできない、、、。その方が辛くないですか。

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ


スマイル英語教室



Tag: BBカード



a:27 t:1 y:0