中学生英語レッスン

中学生クラスは文法のフォローをしながら、徐々にアウトプットできる場面を作ります。

2020年から大学入試が変わります。習った文法知識を問う定期テストの成績がいいだけでは通用しません。単語や構文をどれだけ覚えているかや、リーディング(読む)やリスニング(聞く)が得意では足りません。

もちろん、単語やフレーズをたくさん知っていることは文章を理解したり英語を聞き取ることにプラスになりますが、単語を覚えることや英文を読む練習はお家でもできます。

簡単な言葉でもスピーキング(話す)、ライティング(書く)は一人では難しいし、苦手な人が多いと思います。これらは一夜漬けでは伸びません。

限られた時間ですので、レッスンではできるだけ文字を見ずに英文を声に出したり、会話や意見を言うアウトプットの練習をします。そのレベルに達しない、文法の基礎力をつけることが必要な場合はそのフォローもします。

英検を受験するなら

例えば英検なら、1次の筆記試験をパスするには問題集などを使いながら苦労してでも自分で努力が必要。そしてお家でもできること。家でやる気が出なければ、レッスン時間を使ってすることもできますが、やるのはご本人です。

2次の面接試験に向けては模擬で練習ができます。慣れておくのとそうでないのでは、緊張度・安心度が違います。教室生徒さんは受験前に練習をするので今まで皆さん苦しまずにパスしています。


a:15 t:1 y:0