スマイル英語教室で大切にしていること

スマイル英語教室紹介

私が英語を教える上で、何よりも望んでいることは、
子どもたちに英語を好きになってもらいたい!ということ。
好きでないことを続けるのは大人でも辛いです。

英語が好きになれば、英語でコミュニケーションするのが楽しいと思えるようになる。
まだ流暢じゃなくてもいい、伝えたい気持ちを持って発信できたら、それは自信に繋がります。

英語を越えたその先の目標は、自分で判断し決断する力を培って欲しいと思っています。ただ、日本人としての美徳も失って欲しくない。何も言わなくても、相手の気持ちを組める人であることも忘れないで欲しいのです。

そのサポートができたら嬉しい・・・と思っています。

小学校で英語が教科になる

2020年から小学校で英語が教科になるから、英語を好きに・・・なんて悠長なことを言ってられない。学校に英語学習について行けなくては大変!と心配の保護者様もいらっしゃるかもしれませんね。

幼児はたくさん歌を歌ったり踊ったり、絵本を読んだりと楽しく英語に触れていればよかったのに、中学生になれば、リスニングもスピーキングも極端に減って、英単語、構文をどれだけ覚えてどれだけ理解したかが重要になる。

ではこの間の小学生ではどんなことをしたらいいですか?

私は英語を使えるという小さな自信をたくさん積み重ねることだと思います。
こんなこと言えた!単語が読めた!英語の本が読めた!英語で何と言っているのか分かった!単語が自分で書けた!先生の言った英語を真似できた!

こんなチャンスを作って、小さな進歩を存分に認めてあげたいと思います(^^)

いつまでも簡単な単語だけを声に出していても進歩がないし、だからといって難しいことを詰め込むには早過ぎる小学生時期。でも中学生に向かう大切な時期でもあります。

だから単語だけではなく、ちょっとステップアップしてセンテンスやフレーズなどまとまった英文に触れたり、それを声に出す機会をたくさん作ること。ただ教えるだけでなく子どもが考えたり想像したりする瞬間をたくさん作ってあげることが必要ではないでしょうか。

小学校英語教科化のリスク

小学校英語教科化について私の心配は

  英語嫌いが低年齢化するのではないか。
  そして英語が出来る出来ない(この場合は学校の成績として)の差が開くのではないか。

ということです。

現在は英語は教科ではなく、英語活動として楽しく英語に慣れ親しむ時間として組み込まれています。実際には自治体によっては前倒しで始まっているところあり、のんびり構えているところあり。つまり英語教育は地域・学校によってかなり差があります。

教科になる以上、先生は成績をつけなくてはいけなくなります。全く中学生で教えるようなやり方と同じでないにせよ、きちんと教えて子どもたちが何をどれだけ習得したかを計るテストをすることになりますね。

おそらく単語が書けたり、文法構文を覚えたかのチェックが大半でしょう。
学習塾ではすでに英語の授業を開始していて、今のうちにたくさんの単語を覚えさせ、テストを強いるところも出てきています。ホントにもうっ!!って感じです(>_<)

英語が出来るってたくさん単語を覚えることでも、完璧な文章を作ることでもないはず。でもそこを評価されるなら、覚えることが得意な子がいい成績をとって、覚えるのが苦手な子はいい成績がもらえないかもしれない。それが苦手意識に繋がってしまうならとても残念なことです。

単語や文法を覚えていい成績をとることを優先、、、と今までと同じような方向へ進むかもしれません。学校の成績が良くても、コミュニケーションさせるとさっぱり、、、と言う子がすでにたくさんいます。それって今まで大人が歩んできた方法と大差ないのではないでしょうか。

もちろん、たくさん単語を知っていた方がいいし、基礎的な文法力はとても大切です。
でも小学生でやることは他にもあるし、子どもたちには大人が想像でないすごい力がある、それを活かす指導をしたいものです。

英語を単に学ぶのではなく、英語を使って得意なことを引き上げることも、ますます必要な気がします。

どんな英語スキルをお子さまに身に付けて欲しいですか?

さて、保護者さまはどんなことをご希望でしょうか。どんな子になって欲しいか、どんな英語スキルを身に付けて欲しいかを今一度考えてくださいね。

先生によって考え方、教え方は違うので、保護者さま自身が同調できる先生にお子さまをお預けするのが良いと思います。

ただ、いざ英語を習わせようとすると、いい成績をとって欲しい、と欲が出たり、他のお友達と比べてしまったりしてしまうのですよね。私も母親ですから、気持ちは分かります。

そんなときには、お子さまの気持ちを最優先してください。楽しいのか楽しくないのか。英語を上手になりたいのかどうか、その動機な何なのか。

上手になりたい動機が将来海外旅行でも、海外のお友達とメール交換したいとかでもいいです。英語が喋れたらかっこいい!でも素敵。皆が英語をするから、お母さんが習いなさいというから、よりずっとましです(笑)。

海外で活躍するスポーツ選手だって英語は後付けです。でも英語でコミュニケーションできるとさらにそれを楽しめて深められると思います。

子どもの段階では英語が楽しいかどうか。それが一番だと思います♪

スマイル英語教室(神戸市西区糀台)
無料体験レッスン随時

お気軽にお問い合わせください
hidemi.nyoro@gmail.com

お問い合わせフォームからもご利用ください
お問い合わせ



a:224 t:2 y:1