BBカード

英語教育において英語4技能が重視される動きが強まっています。
BBカードは4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)を切り離すことなく、遊びを通して全てを身に付ける方法です。

BBカードは絵カードとそれに対応するセンテンスカード各64枚、計128枚で構成され、中学3年生までに必要な厳選された単語やフレーズを含んでいます。

BBカード

各カードは思わず口ずさみたくなるリズミカルなセンテンスなので、子ども達はゲームをしながら 繰り返しセンテンスを声に出し、自然に英語の音とリズムを身につけます。

繰り返し遊んでいるうちに、センテンスを丸ごと覚えた後は、オリジナルセンテンスの主語や目的語を入れ替えたり、時制を変えたり、疑問文、否定文に変えたりしながらゲームをします。

ゲームに集中している子どもたちは文法を学習しているという意識がなく、遊びながら英語を運用する力をつけ、自分の言いたいことを英語で表現できるようになります。自分でわかる、だから楽しい!

ゲームを通して、語学学習に必要な反復練習を飽きることなくでき、この反復練習により英語の言語野が育ち、覚えたセンテンスをたよりに、習っていない事柄でも自分で類推・推測する力がつきます。

自ら必要な構文を選んで文を構成できるようになるのです。

一方的に教えてもらって、ただそれを覚えるのではなく、「自分でわかる楽しさ」を体験することが自発的に英語を学習したいという意欲につながります。

ジョリーフォニックス

ジョリーフォニックスはイギリスで考案され、世界100か国以上の学校で採用されているシンセティックフォニックスという新しい学習法です。

英語圏でない日本では、シンセティック・フォニックスこそが向いていると言われています。

・日本で教えられている従来のフォニックス:
 たくさん暗記した単語の綴りと発音の中から『五十音』を学びます。

・シンセティック・フォニックス:
 『五十音』から学ぶから、単語の綴りは暗記しなくていい。

つまり暗記に頼ることなく文字の綴りと音がすっと入るのがシンセティック・フォニックス。

ジョリーフォニックス

その学習法を取り入れたジョリーフォニックス教材は、目で見て、耳で聞き、指で触って、体を動かし、歌を歌って、頭で想像しながら文字の読み書きが無理なく楽しく身についていく子どもの視点に立ったフォニックスの学習教材です。

その他の使用教材

ORTやCTPなど絵本、ワークブック、プリント教材、CD、DVD、会話テキスト、中学生用教材、高校生用教材など、生徒さんの進度、適正に合わせて使用します。

絵本 BBワークブック 

中学教科書 高校生用テキスト

ジャズチャンツ 大人レッスン


a:130 t:1 y:0